料金

気球料金年間200件ほどのお問い合わせがありますが、様々な開催内容がありますのでこのサイトには料金表はございません。そのつど、お問い合わせ下さい。

全国各地に行きますので、浮揚地により運搬費が異なります。
搭乗想定人数が家族など2~3人の時もありますし、小学校の全校児童1,000人の時もあり、お問い合わせによって多様になります。

そして、過去3,500件を越えるお問い合わせに対応してきた細かいご提案をいたします。

熱気球使用料・燃料のプロパンガス代・パイロットやクルー達も含む人件費・保険・天気予報・事前調査費用・前日宿泊費等が、すべて含まれた御見積書を提出させて頂きます。

キャンセル規定や、天候によりできなかった場合の減額料金も、強風の場合と降雨の場合と2パターン設けています。

「1日いくらですか?」という電話でのお問い合わせもありますが、お手数ですがメールにて簡単でも詳細を教えてください。

保険

熱気球には、搭乗者への傷害保険、第三者への賠償責任保険、機体自体への機体保険の3種類の保険が車の保険のように1年中掛けられています。
保険会社は、あいおいニッセイ同和損害保険です。

1、傷害保険

死亡後遺障害 入院日額 通院日額
3,000万円 10,000円 5,000円

料金・保険入院の上限は、1,095日です。つまり3年間です。
通院の上限は、1,095日のうち90日です。

熱気球に乗っている方への保険で、上記は1名あたりで最高10名までです。
使用している熱気球は、6~7人乗りなので、7名分保険を掛ければよいのですが、子供のみだと一度に10名乗せることがあるので、きっちり10名分掛けてあります。

2、賠償責任保険

対人対物1億円

熱気球に乗っていない人への事故や、建物等への被害の場合に適用する保険です。
熱気球がイベントのスペースから飛んでいって会場の外で事故を起こすことは、ほとんどありません。

3、機体保険

料金・保険車でいう車両保険になります。時価で掛けてあります。

4、その他

  1. 不足と思われる部分は主催者側で追加に掛けて下さい。
  2. 天候によって実施が不可能になった場合のお支払いのために「天候デリバティブ」「イベント中止保険」には加入していません。
  3. 搭乗待ちで列に並んでいるときの熱中症や、日射病などは含まれません。
  4. 搭乗希望者が会場に行くまでのトラブルや傷害なども含まれません。